2019年、代々木公園のお花見。河津桜が満開!(開花状況・アクセス・見所)

2019年3月1日(金)。代々木公園の桜を見てきました。

ソメイヨシノはまだまだ蕾も膨らんでおらず、開花はまだまだ遠いな、という印象。

一方、河津桜は満開で、まさに見頃。
完全に満開なので、この週末(3月2,3日)が最後と思われます。

平日の昼ちょっと前ですが、ご覧の通り、写真を撮りにきた人で賑わっていました。
結婚の記念写真らしきカップルも2組、ちゃんと東京都に撮影許可を得てプロの撮影クルーを引き連れていました。

まだ、他には花が少ない時期ですから、この鮮やかなピンクは遠くからでもかなり目立ちます。
池まで行けば、すぐに分かるでしょう。

午前中だったこともあり、桜の下で宴会やってるような人は見受けられませんでした。
まあ、夕方以降になっても、まだちょっと寒いでしょう。

ソメイヨシノと異なり、濃厚なピンクが美しいですね。

河津桜(かわづさくら)といえば伊豆の河津が有名ですね。オオシマザクラ とカンヒザクラ の自然交雑種だそう。
その歴史は、1955年に静岡県賀茂郡河津町の飯田勝美さんが河津川沿いの雑草の中で1mほどの原木を偶然発見し、庭先に植えたことが由来だそうで、意外に浅いですね。
当初、発見者の屋号から「小峰桜」と呼ばれてきたが、その後の学術調査で今までに無かった雑種起源の園芸品種であると判明、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名されたとのこと。
1968年頃からこのサクラが増殖されるようになり、代々木公園に植樹されたのも当然その頃以降でしょうから、周囲のソメイヨシノと較べてもかなり低木です。

場所は園内ほぼ中央の噴水池の北東100mくらい、5号トイレのすぐ近くです。
ソメイヨシノが見頃の頃にはすっかり葉桜になってしまいます。

関連情報:
●代々木公園へのアクセス(最寄り駅・駐車場・オススメルート)は以下のページを御覧ください。
《代々木公園への行き方》
代々木公園でのお花見、飲食関係の準備はこちらを参考に。
《酒・食料の購入、園内からピザや酒類をデリバリーする方法》
代々木公園でのお花見、便利情報&こんな所にご注意!
《ゴミの始末、トイレの場所や混雑状況etc…》
●代々木公園でのお花見を計画する前にチェックしておきましょう。
《代々木公園でお花見。2017年の開花から満開までを振り返る》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です