メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)へのアクセス、テナント…行ってみてわかったこと。

埼玉県・飯能市の宮沢湖畔に、ムーミンのテーマパークがオープンするというニュースは、多くの人が知っているかと思います。
何年も前から工事が行われていましたが、ついに2018年11月9日、先行して商業施設のメッツァ・ビレッジが開業しました。
11月27日(火)に、さっそく行ってみたのでレポートしたいと思います。

この日は、気候的には最高の日和でした。快晴でほぼ無風。暑すぎず寒すぎず、紅葉にも間に合って….。
屋外施設の場合、当然天気に左右されますが、快晴でも風が強いとテラス席は辛く、施設全体の印象は大きく変わると思います。


まずは、施設の全体像を。左上のムーミンバレーパークは2019年3月開業。
茶色の部分が現在開業しているメッツァビレッジです。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
駐車場から数分歩くと、こんな感じに出迎えてくれます。右の建物はMARKET HALLという物販コーナーで、1Fは食べ物関係、2Fは雑貨を販売しています。
真ん中奥に見えるのは、宮沢湖という人工湖の向こう岸で2019年3月にオープンするムーミンバレーパークの敷地です。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
すぐ建物内に入っても良いのですが、外を歩くとテラスで飲食している人が見受けられます。
建物の中ではサイボクハムのベーコンステーキなどが売られていて、それをこのテラスで食べることができます。缶ビールなども売っています。メッツァビレッジ内の飲食店はどこも高めですが、ここで缶ビールを買うと240円〜。安くあげたいのであれば、ここがオススメです。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
中心的な建物は、この2棟。レストラン棟のVIKING HALLとマーケット棟のMARKET HALL。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
11月27日現在、こちらはまだ工事中でした。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
宮沢湖に半円状に張り出したスペースはイベント広場。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
終わりかけではありましたが、紅葉がキレイでした。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
向こう岸の灯台も、ムーミンバレーパークのために建造されたものと思われます。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
人工的に作り過ぎず、適度に自然を活かした景観がいい感じです。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
犬連れ可なので、連れてきてる人が多いです。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
イベント広場では、寝転がってくつろぐ人も。


メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
クリスマス仕様のインスタポイント。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
デンマークホットドッグ600円は美味しいけど、思いっきり観光地価格と感じました。
ソフトクリームのようなものは、ミートボールです。こちらは800円と、やっぱりかなり高め。

メッツァ・ビレッジ(飯能・宮沢湖)
この大きな卵?は、チームラボのインスタレーションの準備でしょうか。中に照明が仕込まれているようでした。


対岸の方からイベント広場を見たところ。


カヌーにも乗れます。


ボート乗り場のデッキ。


飯能・宮沢湖・メッツァ・紅葉
マーケット棟入り口脇の紅葉がキレイでした。


マーケット棟1Fにある、サイボクハムで購入したスタミナセット+ベーコンステーキ1枚追加で、1500円。これは比較的オトクな価格設定と感じました。

メッツァビレッジ内の物販。どんなものが売られてる?

マーケット棟の1・2F以外にも、メッツァホールで雑貨などが販売されています。
それと、ロイヤル コペンハーゲン、イッタラ、アラビアなどのブランドを持つ「フィスカースジャパン」がプロデュースするコンセプトカフェでも、それらの雑貨が販売されるようです。(11月27日はまだ工事中でした)


ここで売られているものは、マーケット棟と重複しているように思われました。


マーケット棟1F。2Fから見下ろしたところ。地元飯能周辺産の加工食品や野菜が売られています。


マーケット棟2F。北欧雑貨はほんとに可愛くてオシャレ。でも、イケアやフライングタイガーのような価格ではありません。


こちらの小さな人形は、1つずつ手作りとのことで、それなりのお値段。


手芸、クラフトなどのワークショップも開催されていました。

メッツァビレッジ&ムーミンバレーパークへのアクセスは?

クルマで行く場合、電車とバスを乗り継いで行く場合を紹介します。

電車・バスの場合。
西武池袋線・池袋駅から最寄り駅の飯能駅は3駅目(特急の場合)。およそ40分です。
飯能駅からバスで、所要時間は13分。
JR八高線・東飯能駅からもバスで行けますが、休日のみ運行で、1時間に2本程度となっています。
また、JR川越線・武蔵高萩駅からもバスで行けます。

クルマの場合。
圏央道・狭山日高ICから5キロ(渋滞がなければ10分程度)。県道347号〜国道299号というルートは分かりやすく、迷うことはないと思います。
ただ、この道は観光シーズンの休日はメッツァ開業前から渋滞しやすく、30分以上掛かる場合もあります。

バスツアーも。
旅行会社H.I.S.主催の新宿発バスツアーというのもあります。
メッツァだけでなく、山梨のワイナリーなども訪ねる日帰りツアーです。
【新宿発】湖畔を彩るデジタルアート「チームラボ 森と湖の光の祭」とmetsä village[メッツァ ビレッジ]で北欧風ディナー&和風キャンドルホルダー作り


施設の入り口前にバス停があります。冷暖房完備の待合室もあります。


メッツァ 飯能 バス時刻表
飯能からのバス時刻表です。西武バス、国際興業、イーグルバスの3社が運行しています。


駐車場は有料で、平日は1日1500円、土日祝日は2500円。しかも事前登録でカード払いオンリーと、ちょっと面倒くさい。
時間貸しの場合は、平日1時間600円、土日祝日は1000円、しかも事前登録で一杯の場合は利用できません。

事前登録は終日利用可ですが、ムーミンバレーが開業していない現在、メッツァビレッジで一日過ごす人がいるとは思えず、駐車場にかなり空きがあっても時間貸しでの利用ができないという事態が起こりかねません。
まだ、開業したばかりなので、その辺りの修正が検討されるものとは思いますが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です