石神井公園(練馬区)は散歩・デートに最適な和みスポット。

東京・練馬区にある『石神井公園』をご存知でしょうか。
私は練馬区に生まれ二十歳まで練馬区内で育ったので、とても身近な公園でした。
小春日和の休日、久々に母と娘を連れて訪ねたのですが、今も、とても長閑で気持ちの和む公園でしたので、紹介したいと思います。

石神井公園は、池袋から西武池袋線で10分ほどの、石神井公園駅から徒歩7分。
石神井池(通称ボート池)と三宝寺池、その2つの大きな池を取り巻く緑地、アスレチック、史跡、野球場等で構成された、東西に細長い東京都立公園です。

今回は、石神井池の方を紹介します。
三宝寺池の周囲は、木立に囲まれ自然豊かな森の中といった感じですが、石神井池の方は貸しボートにも乗れる都会的な開けた空間です。
池を一周すると1.7km、ゆっくり歩いて30〜45分位でしょうか。

中央よりやや西に、中の島という島があります。島は両岸にアーチ橋で結ばれていて、駅側(東)からその島を経由して一周すると1.2kmとなります。この島の部分は、自然が豊かで風景も美しく、特にデートにはオススメのスポットです。

石神井公園駅から徒歩で公園に向かうと、まずは池の東端、ボート乗り場の辺りに着きます。ここには売店があり、ちょっとした食べ物や飲み物が売られています。池に向けてベンチも設置されているので、ここで軽く腹ごしらえもできます。

それでは、池を左手に眺めるよう北側を西に向かって歩いてみましょう。車道に並行して遊歩道が整備されています。車道も石畳になっていて良い雰囲気です。右手には一般住宅が並びますが、著名作家や大企業の創業者邸宅などが並び高級住宅地の風情です。

数分歩くと、池の周囲では唯一と言えるレストラン「ヴィノテカ ラ・ガッツァ  」があります。雰囲気の良い洒落たイタリアンです。食べたことがないので味は分かりませんが、値段は駅周辺よりちょっと高めな設定です。
さらに歩くと、中の島に渡れるアーチ橋があります。ここから島を経由して対岸に渡るコースがオススメです。

 

橋の上から池上のボートを眺める。この辺りの風景はロマンチックですね。

対岸に渡ると大きな木、野外ステージ、鬱蒼とした森があります。

池の南側。中の島から西に歩いた辺り。気候のよい休日だと、人通りはこんな感じです。

周辺の飲食店等
池の周囲にある飲食店は、先ほど紹介したボート乗り場の売店とイタリアンくらい。コンビニも見当たりません。駅の周辺には大きなスーパーや飲食店もたくさんあります。そこで何か買っておいて、公園内のベンチで食べるのが良いかと思います。園内でビールなどを飲んでも問題ありませんが、住宅が近いので宴会はやめた方が良いかと思います。

アクセス
電車:「池袋」から西武池袋線で、快速急行、急行、快速、準急などに乗れば「石神井公園駅」は1駅目か2駅目。所要時間は10分です。有楽町線、東急東横線(副都心線経由)からの直通もあります。
バス:JR中央線「阿佐ヶ谷駅」「荻窪駅」、西武新宿線「上井草駅」から、長久保行きにのって「三宝寺池」下車1分。
駐車場:石神井公園第一駐車場 TEL 03-3904-2945
24時間営業
利用料金(普通車)1時間まで400円 以後30分毎に200円
駐車台数 42台(うち身障者用2台)

利用案内
常時開園 入場無料(有料施設もあります)
※サービスセンター及び各施設は年末年始は休業となります。
※営業時間等はサービスセンターへお問い合わせ下さい。
TEL 03-3996-3950 石神井公園サービスセンター
〒177-0045 練馬区石神井台1-26-1
ボート場に関する問い合わせ
電話:03-5372-0467 ※石神井公園売店の電話番号となります。
営業時間 9:30~17:00(受付は16:30まで)
※11~2月は10:00~16:00(受付は15:30まで)
休日 毎週木曜日(木曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始
12~2月は土日祝日のみの営業となります。
※ 時期及び状況により、営業時間等を変更する場合があります。

東京都公園協会の紹介サイト

(2016年11月時点での情報です)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です