BBOY PARK 2017(代々木公園イベント広場)は、歴史あるストリートカルチャーの祭典!

代々木公園イベント広場で開催されたBBOY PARK2017の様子を見てきました。
どういうイベントかというと、
《1983年頃よりホコ天(歩行者天国)で踊っていた東京BBOYSが、ホコ天が廃止された後の97年に東京BBOYS15thアニバーサリーを代々木公園屋外音楽堂で行い(無料のブロックパーティ)。98年からBBOYPARKとなりHIPHOPの4大要素DJプレイ、ブレイキングダンス、ラップ、スプレーカンアート等を用いてPIACE,UNITY,LOVE&HAVE A FUNを合言葉に青少年育成の場所として毎年行われている》
とのことで、かなり歴史があるんですね。
青少年育成の場所として…というのが泣かせますが、公共施設(この場所は東京都が管理)を借りる手前、そういう言い方になるのだと推察されます。
ちなみにB BOYとは元々はブレイクダンスを踊る人という意味だそうで、さらにはそういうファッションスタイルの若者を指すようになったとのこと。

ちょっと場違いな私でしたが土曜の昼に会場に行ってみました。


ご覧のようにB BOYファッションに身を包んだ若者たちで大賑わい。



歩道橋の下では、「年齢制限無しメンバー構成5人以上のbboys&bgirlsチームダンスバトル」だそうで、大勢の人が集まっていました。

 


飲食店のブースも色々でています。


メインステージにはDJ機材がセットされていましたが、12時に時点ではまだ準備中でした。

この日は夕方5時位から記録的な雷雨に見舞われたものの、ダンスバトルはずぶ濡れになって盛り上がったそうです。

このイベントは、Shibuya Summer Park 2017も同時開催されていて、キッズコーナーもあるので家族で行っても楽しめたと思います。
また、隣のけやき並木では、アフリカビールフェスティバルもやっていて、そちらにも飲食店ブースがたくさん出店されていました。

 

代々木公園イベント広場へのアクセスは以下のページを御覧ください。
《代々木公園イベント広場への行き方》

オフィシャルサイトはこちら。
BBOY PARK 2017

 代々木公園のイベント TOP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です