オーシャンピープルズ2017(代々木公園イベント広場)は海を愛する人の祭典。

代々木公園イベント広場にて7月8・9日に開催されたOceanPeoples2017に行ってきました。
例年なら、東京はまだ梅雨の真っ只中なはずですが、2日とも好天に恵まれ…というより、完全に“夏”でしたね。

まず、どんなイベントなのか、主催者のサイトからその概要を紹介します。

『海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバルです。
海には、食、音楽、スポーツ、観光、環境など様々なカルチャーがあります。
そんな海を楽しみ、海を感じ、海について考えるきっかけにあふれた
フェスティバルが OCEAN PEOPLESです』

BEACH FOOD 約30店のフードトラックが集まる大規模なビーチフードフェスティバル。
2日間限定のビアガーデンも登場します!
BEACH MARKET 約70店が集まるビーチマーケットエリア。
ビーチファッションやビーチグッズの他に、国内外の人気アーティストの作品も揃います
BEACH MUSIC アーティストによるライブパフォーマンス。
夏の始まりに海が似合うアーティストのライブパフォーマンスをお楽しみ下さい

主催: OCEAN PEOPLES実行委員会

それでは早速会場に入ってみることにしましょう。
今回は渋谷駅から公園通りを登り切って、けやき並木を抜けて会場に向かいました。

オーシャンピープルズ 代々木公園
けやき並木では、同時開催というかオーシャンピープルズの一部として「ダイバーフェス」が行われていました。
ここでは、ダイビング関連のブースが多数出店していました。
三角屋根のテントがオシャレですよね。

オーシャンピープルズ 代々木公園
このバナーの掛けられた門が、一応会場の入り口なんですが、囲いがあるわけでもないので、どこからでも入れます。

オーシャンピープルズ 代々木公園
イベント広場には、代々木公園本園につながる大きな歩道橋があるのですが、そこに登るとい会場全体が見渡せます。
人出は、大人気のタイフェスなどに比較すれば少なめなものの、この暑さの中、かなり賑わっていたと思います。

ここで会場全体の案内図を見てみましょう。(出典:オーシャンピープルズ2017オフィシャルサイト)


衣類や雑貨を販売するマーケットエリアを飲食店ブース(移動販売車)が囲むように配置されています。

それでは、まずマーケットエリアを見ていきましょう。

オーシャンピープルズ 代々木公園
マーケットは、サーファー、マリン系のブランドやショップの出店が多いようでした。

オーシャンピープルズ 代々木公園
ビーチファッションのレオナは大人気。

オーシャンピープルズ 代々木公園
リゾートファッションやオシャレなオリジナルアクセサリーを手がけるBeachのブース。

オーシャンピープルズ 代々木公園

 

オーシャンピープルズ 代々木公園

オーシャンピープルズ 代々木公園
全国のショッピングモールで見かける、ナチュラル志向のファッションブランド、BAYFLOWのブース。
個人経営の小さなショップと、このような全国展開のショップが混在しているのが、このイベントの特長かと思います。

それでは、食べ物関係を見ていきましょう。
大半が移動販売車を所有している、つまりイベント慣れしている店のようです。

オーシャンピープルズ 代々木公園
カリフォルニア創作TACOSのオーシャンサイド。人気を集めていました。

オーシャンピープルズ 代々木公園
こちらは、千葉のお肉屋さんだそう。オシャレな移動販売車が多い中、質素な趣は、ある意味異彩を放っていました。

オーシャンピープルズ 代々木公園
大阪からやってきた、無農薬玄米カレーのKOV CAFE。

オーシャンピープルズ 代々木公園
ビールベースのカクテル、シャンディーガフを提供するtono cafe。
この移動販売車、平日の昼はオフィス街に出店してタコライスが人気だそうです。

オーシャンピープルズ 代々木公園
とにかく暑かったので、かき氷が嬉しい!

オーシャンピープルズ 代々木公園
本場トルコの味を提供する、スマイルケバブ。

オーシャンピープルズ 代々木公園
辻堂の人気店、GUARD CAFE。ロコモコ、チーズステーキ、ケイジャンチキンなど。

オーシャンピープルズ 代々木公園
雨天決行のイベントだけに、こんな大屋根も設営されていました。
こんなしっかりした屋根が設営されているケースは、この会場で行われるイベントとしては珍しいです。
この日は日除けとして機能、大勢の人で賑わっていました。

オーシャンピープルズ 代々木公園
サッポロビールのWHITEBELGのキャンペーンブース。 SNSに投稿すると、2杯目が200円!
こういう大企業がプロモーション出店しているのも、このイベントの特長ですね。

オーシャンピープルズ 代々木公園
T.Y.HARBOR BREWERYの走るクラフトビアバーこと「EL CAMION(エル・カミオン)」
移動販売車とは思えぬ、照明にも凝った店内というか車内、思わず吸い込まれそう。圧倒されました。この前のスペースがビヤガーデンっぽく、椅子とテーブルが出されています。
こういうメジャー感のある出店は、この代々木公園イベント広場では珍しいです。

それでは、お待ちかね、メインステージです。
若手からベテランまで、海をイメージさせるミュージシャンが多数出演しました。
私は一部しか見れませんでしたが、デフテックのシェーン、DWニコルズなどは人気のようでした。
2日目の大トリは、フラダンサーでシンガーのサンディのステージ。
サンディはこのイベントの常連で、毎年ではありませんが、過去に何度も出演しています。

オーシャンピープルズ 代々木公園
サンディのフラダンスショー。バンドは2名だけとシンプルでしたが、その分大勢のダンサーが出演、とっても楽しいステージでした。

オーシャンピープルズ 代々木公園

オーシャンピープルズ 代々木公園
明るいうちに始まった舞台でしたが、最後はこの通りすっかり暗くなって、野外ライブならではの雰囲気を堪能。お客さんも盛り上がってましたよ。

オーシャンピープルズ 代々木公園
二日とも夜8時まで。日が落ちたあとも良い雰囲気です。でも、7時くらいまで明るいので、この雰囲気が味わえるのは最後の1時間くらいですね。
会場使用規定で8時ジャストに終了、すぐさま撤収の車が会場に乗り入れてきます。
夏場はせめて、9時位までできると良いのですが、会場を管理する東京都さん、なんとかならないのかな。

代々木公園イベント広場へのアクセスは以下のページを御覧ください。
《代々木公園イベント広場への行き方》

オフィシャルサイトはこちら。
OCEAN PEOPLES

 代々木公園のイベント TOP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です