ベトナムフェスティバル2017(代々木公園)の様子とオススメ情報

代々木公園イベント広場で、2017年6月10〜11日に開催されたベトナムフェスティバル2017の様子をレポートします。

代々木公園のベトナムフェスは、この会場で行われる東南アジア系フェスの中でも、今やタイフェス、スリランカフェスと並ぶ人気イベントとなりました。
2015年以降は、6月の第二土・日に開催されています。例年梅雨入り直後の週末となりますが、幸い好天に恵まれ、たくさんの来場者で賑わいました。なお、2014年はデング熱騒動で中止、それ以前は9月に行われていました。

ベトナム料理と言えばフォー、生春巻き、バインセオなどが有名ですが、地方や店によって素材や味付けはかなり違います。フォーを出すブースはたくさんあるので食べ比べができるのも、こういうイベントの良い所ですね。

在日ベトナム人にとっても、このイベントはお祭り的な意味を持っているようで、各地から大勢集まり同胞たちとの再会の場になっているような雰囲気があります。

イベントは、主催者にベトナム大使が名を連ね、日本の外務省、経産省、観光庁、文化庁などが後援する、非常にオフィシャルなものです。
年々規模は大きくなっているようで、2017年は飲食店50、物販40、その他合わせ100ブースが出店、おそらく延べ20万人以上が集まった盛大なものとなりました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
NHKホール前に続く並木通りも半分くらいのスペースを使い、主に衣服や雑貨のブースが所狭しと、出店していました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
ケヤキ並木の原宿に近い方のスペースに通路を2本確保したため、かなり狭く、ある意味東南アジアらしい市場の雰囲気が味わえたかと思います。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
人気店はどこも長蛇の列なので、色んな店の料理を味わえるものの、それなりに時間が掛かります。値段は特に安くはなく、店に行って食べるより量も少なめな感じなので、その辺りはあまり期待しない方が良いでしょう。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
ベトナムといえば、この円錐形の傘というか帽子(ノンラーと言います)、それに人力車のシクロ、それになんと言ってもアオザイが有名ですね。ここは記念写真が撮れるコーナー。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
この数年、このように各店舗は大きな看板を立ててアピールするようになりました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
メインステージは、ミスコン、ゲーム、アオザイショー、歌、ロックバンドなどなど、盛りだくさん。日本人ピアニストの演奏のあとは、なんと時東ぁみさんのステージも。
ステージの飾り付けにもあの帽子(ノンラー)が使われているので、ベトナムのイメージといえばこれなんでしょう。
地獄の黙示録などベトナム戦争を扱った映画でも農民や農民に扮したゲリラ(ベトコン)のアイテムとして象徴的に使われていましたね。
でも今は、ベトナムでも農村にでも行かなければ、この帽子を被っている人は見当たりません。私は郊外の売店で購入しホーチミン市街地でこの帽子を被って歩いていたら、ベトナム人に何度も笑われました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
飲食店ブースの中央にはテーブルが並べられていますが、なかなか空きません。代々木公園(本園)に渡る歩道橋の階段で食べる人も多く見られました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
高円寺の人気ベトナム料理店、マイヒエン高円寺のブーは長蛇の列でした。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
人気店が並んでいる一角は通行もままならない混雑ぶり。どこが最後列かも分からないカオス状態。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
ベトナムフェスはスイーツ系も充実。酒を飲まない人も楽しめますよ。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
東南アジア食材の輸入販売会社ドーバーフィールドファーイーストが出店。ライスヌードル、ライスペーパー、香辛料などかなりマニアックな品揃えが、エスニック料理マニアのハートをくすぐります。輸入・卸元だけに、リーズナブルな価格設定が嬉しく、たくさん買い込んでる人も多かったようです。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
ベトナムのビールと言えば333、バーバーバーと読みます。350mlの缶ビールが500円という設定は、どこのブースでも同じ。ちょっと高いですね。
333はベトナム料理には合いますがちょっとクセがあるので、日本の普通のビールの方が良いって人もいるでしょう。敷地内にはイベントに関係ないテキ屋さんの店舗もあり、日本のビールが同じ500円で売られています。でも、公園の正規売店だと320円で売られていますので、そちらを利用した方がいいでしょう。
また、事前にコンビニなどで購入して持ち込んでも咎められることはない感じです。さすがにイベント主催者が用意したテーブルで持ち込んだビールを飲むのはどうかと思いますが、料理をここで購入してから代々木公園本園に移動し、途中で買ってきたビールとともに頂くならOKでしょう。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
本園に渡る歩道橋の上から。階段もこのようにぎっしりです。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
歩道橋から会場を見下ろす。これは日曜昼過ぎの光景ですが、この後さらに大混雑となりました。

ベトナムフェスティバル(代々木公園)
ベトナム風サンドイッチ。横浜・石川町のT.G.T KITCHEN。1本500円、2本だと800円。フランス統治時代が長かったので、フランスパンもベトナムの名物となっています。なんと炭焼き、美味しそうでした。

オフィシャルサイトはこちら。
ベトナムフェスティバル

代々木公園イベント広場へのアクセスは以下のページを御覧ください。
《代々木公園イベント広場への行き方》

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です