箱根・芦ノ湖のラ・テラッツァは、地元の食材にこだわったレストラン。

箱根、芦の湖畔にある、イタリアン・レストランがラ・テラッツァ。
エッセイスト、ボタニカルアートの画家としても活躍著しい玉村豊男氏のライフアートミュージアムがある芦ノ湖テラスの一角にあるお店です。

オフィシャルな口上は、以下の通り。

地元の素材にこだわって。
山と湖を見晴らすピッツェリア。
芦ノ湖の豊かな自然に調和した明るいピッツェリア。イタリアから届いた大きな窯で焼き上げる約30種類ものナポリピッツァをはじめ、箱根西麓野菜、小田原や沼津港で仕入れた鮮魚を使ったイタリアンを、本場のワインやチーズとともにお楽しみいただけます。四季がうつろいゆく山々、湖畔の景色が生みだすとっておきの美味しい時間。目にも至福のひとときを、心ゆくまでどうぞ。

ピッツェリアと名乗っていることからもピザがメインの店ですが、他の料理も充実しています。
元々は、人気シェフ日髙良実氏のアクアパッツァ(東京・広尾他)の支店“アクアパッツァ・テラス”としてオープンしました。当初は玉村氏もレストランの開設・運営に関与していたようです。
現在は経営母体が変更になったのか、アクアパッツァとの関わりについて記述等はありません。ただ、アクアパッツァ・テラス当時から、基本コンセプトはあまり変わってないように思われます。
同様に、玉村豊男氏とこのレストランの関わりについても一切触れられていませんが、オープン当時のコンセプトが今も引き継がれてるとしたら、玉村氏のこだわりが反映されたレストランと考えて差し支えないように感じました。

この日はあいにくの雨、しかも平日の13時過ぎにも関わらず満員で順番待ちとなっていました。気候の良い時期の休日は、1時間以上待つのも覚悟でしょう。
かなりの人数を収容できる店舗ですが、それでも激混みなのが、この店の唯一の難点かも知れません。

芦ノ湖を一望できるテラス席。この日は雨のため使えず残念。
箱根・芦ノ湖ラ・テラッツァ
箱根・芦ノ湖ラ・テラッツァ

前菜おまかせ5皿。どれも素材本来の味を引き立てる調理法で美味しかったです。
箱根・芦ノ湖ラ・テラッツァ

鯖の燻製、蕪の葉のパスタ。絡まったトマトソースの味は薄めなものの手打ちパスタに程よく絡み、絶妙でした。
箱根・芦ノ湖ラ・テラッツァ

クアトロ・フォルマッジ。
4種のチーズのピッツァ。ピッツァに関しては賛否両論のようですが個人的には美味しいと思います。
トマトソースは控えめで、小麦粉の風味が引き立ちます。
ピッツァは小麦粉の料理だということを再認識しました。
箱根・芦ノ湖ラ・テラッツァ

料金については、“観光地プライス”なんて声も聞かれますが、価格相応に美味しいと思えたので、それは当たらないでしょう。ピッツァとビールだけ、なんていう楽しみ方もオッケーですから、都会の洒落たカフェ風イタリアンとそう大差ない料金設定だと思います。

《芦ノ湖 ラ・テラッツァ》
《玉村豊男 Wiki》


大きな地図で見る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です