ザ・コミットメンツ:バンド運営の悩みは時代を越えて万国共通?

【作品概要】
アイルランドの首都ダブリン。アマチュアソウルバンドの結成から、レコードデビュー寸前に至るまでのストーリー。いかにも!なエピソードに溢れた青春?音楽映画。
劇中で演奏されるソウルの名曲の数々も聴きどころ。コメディじゃないけど、バンド経験者には笑い所多数です。

【あらすじ】
一人の若者がソウルバンドをプロデュースすることを夢見て友人のギタリストと共にメンバーを集める。一癖も二癖もあるメンバーが集まり、屋根裏部屋で練習が始まる。ソウルレジェンド、ウィルソン・ピケットのナンバーなどをカヴァー、ライブは地元で評判を呼び、ついには…。

【スペック
分類:創作
音楽ジャンル;R&B/ソウル
公開:1991年(アイルランド/イギリス)
監督:アラン・パーカー
原作: ロディ・ドイル

【雑感】
メンバー募集広告を見てやってきたトランペッターは、ソウルシーンの大御所ウィルソン・ピケットのツアーバンドメンバーだったと自称する。これが事実なのかオオボラなのか、結局???なのですが、見てる我々にはホラに決まってるでしょ!と思わせておきながら、あれ?ホントだったの?と思わせるシーンがシャレてます。で、このトランペッター氏、日頃はクールでちょっと偉そうにしてて、他のメンバーからしたら父親のような年齢ながら『ん?いつの間に』・・・で、『それが何か?』な態度。要するに男としてやることはやってる?点など、バンドあるあるネタ満載…絶妙で笑えます。
他にも、ソウルバンドなのに本性はパンクスなドラマー、自己中のボーカルなどなど各メンバーのキャラの(おそらく意図的な)アリガチ感、わかるわかる!って感じですね。
全体的に客観的視点が貫かれ、登場人物に感情移入して見るタイプの映画ではないです。その辺りの好みで評価が分かれる作品かも知れません。

【ここに感動!(ネタバレ注意)】
予定調和なハッピーエンドとなってたら、とても安っぽい作品になっちゃったのではないでしょうか。
そうそう、トントン拍子には進むもんじゃないよね・・・ってところが、見終わったあとに心地よい余韻を残します。

【こんな人にお勧め】
あくまでお伽話。んなワケないでしょ!的ツッコミは禁物です。
自分でバンドを経験した人なら、あるあるネタ満載でしょうね。こういうのは世界共通なんだな的エピソードに溢れています。

【見所】
撮影当時17歳という、リードシンガーの歌唱力がなかなかのもので、聴き応え十分。
音楽ファンが、音楽をしっかり楽しめるってことは、おそらくはキャスティングに於いて監督も譲れなかった点でしょう。

【独断的注目ポイント】
今やアイルランドを代表する存在となったコアーズのメンバー(女3男1の4人兄弟)たちが、チョイ役で出演してます。当時、まだメジャーデビュー前。

【難点?】
わりとユルめに作られた感もあり、ミッドナイト・エクスプレスやミシシッピー・バーニングなど硬派な作風で知られるアラン・パーカー監督作だから、という先入観でみると、ちょっと肩透かし…かも知れません。
それと、細かいことかも知れませんが、映画の中で演奏してるのはフェンダー・ローズ(エレクトリック・ピアノ)なのに、出てる音はアコースティック・ピアノ。まさかMIDIアウトをつけた特別仕様のエレピでサンプリング音源を鳴らしてるわけでもないでしょう。自分で楽器やる人なら、このシーンはかなり気になってしまいます。アラン・パーカー、ちょっとツメが甘かったですね。

【監督について】
ミッドナイト・エクスプレス、フェームで知られる監督。最初の仕事は、なんと『小さな恋のメロディ』の原作・脚本。

【評価】(あくまで個人的な感覚ですので悪しからず)
《涙度数》・・・・・
《笑度数》★★☆・・
《総合》★★★★・

 音楽の映画 TOP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です