前立腺がんの腫瘍マーカー、再検査の結果は如何に?

泌尿器科クリニックで、再度血液検査をした結果。残念ながら、またも高い数値でした。
『至急、大きな病院で精密検査を受けてください』と。
区内だけでも大きな病院は多数ありますが、泌尿器科が有名なところは?
クリニックの先生はいくつか候補を上げてくれましたが、T大学病院に良い先生がいるとのお話。私の仕事場からも徒歩20分程度ですので、そこに紹介状を書いてもらい、予約も取ってもらうことにしました。

しかし、“良い先生”というのは、人気がありますから、すぐには予約が取れません。それは、検査がどんどん先延ばしになるということでもあります。もし癌だとしたら、一日も早く治療を始めたいですよね。なので、“良い先生”を選ぶのが最良の選択なのか、迷う所ではあります。
案の定、取れた予約は、3月29日。随分先です。すでに最初の血液検査で異常が発見されてから1か月が経過してますから、こんなに悠長でいいものか不安です。

ここで、そもそも前立腺とはなんぞや?というおさらいをしておきましょう。
wikiによれば、『男性のみに存在する生殖器。膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在、精嚢が隣接。クルミほどの大きさで、重さは数グラム。主な働きとしては前立腺液の分泌。精嚢から分泌された精嚢液を精巣で作られた精子と混合し精液を作り、射精における収縮や尿の排泄なども担っている』とのこと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です